夏の花といえばヒマワリ。

自然いっぱいの万博記念公園で、10,000本越えのヒマワリに癒されませんか?
真っ黄色の花畑はまさに夏の庭。

小さなお子様連れの家族やカップルほか、老若男女問わずお勧めの癒やしスポットで、ひと夏の思い出写真にも最適♪

そんな、万博記念公園のひまわりフェスタについて、穴場の見所や開花情報など、何度も現地に足を運んでいる筆者が、どこよりも詳しくご紹介させていただきます!

 

 

万博記念公園ひまわりフェスタ2022年の開花情報

西日本では7月中旬~8月上旬が見頃になることが多いので、2023年もそれくらいがぴったりではないでしょうか。
万博記念公園の開花情報でも、だいたいそこからズレることはありません。

 

8月上旬に行った際のヒマワリはこちら⇊

 

8月に入ってくると、地面に落ちる花や茶色くなる花びらもちらほら出てきますので、7月中の方が若々しいお花が見られるかもしれません。

予定を立てる際には、ぜひ万博記念公園の開花情報もチェックしてみてください。現在のお花の状態も載っていて、とてもわかりやすいですよ!

 

万博記念公園ひまわりフェスタの穴場の見どころと楽しみ方

ひまわりフェスタのヒマワリは、本数なんと約12,000本!
品種も23種と、見ごたえたっぷりです。
ヒマワリでいっぱいの花畑は、夏の思い出を残すのに最適です。

 

いくつかのガーデンに分かれており、各コンセプトに沿ったヒマワリが楽しめます。
特にホワイトガーデンには、「色素の薄いヒマワリ」が咲くらしく、これは私も見てみたいです! とても珍しいですね。

 

人気のアーティストシリーズでは、画家の絵から飛び出してきたようなヒマワリを現実で鑑賞できます。こちらで「ゴッホのヒマワリ」を見ましたが、本当にゴッホの絵そのもので感動しました。
2022年は、モネとマティスが咲いたようですよ。

万博記念公園ひまわりフェスタの駐車場情報

全部で5つの駐車場があり、中でも「日本庭園前駐車場」が一番近いです。
次点で「西駐車場」。
南駐車場以外は、各公園入口まで徒歩約5分以内。
そこから自然文化園まで10分~20分ほど歩きます。

収納台数は合わせて4,490台あり、停められないことは滅多にありません。

平日:

平日
2時間まで410円。
2時間超3時間まで620円。
3時間超4時間まで830円。
4時間超24時間まで 1,100円。
土日祝日
2時間まで620円。
2時間超3時間まで930円。
3時間超4時間まで1,240円。
4時間超24時間まで1,600円。

 

公式サイトの「駐車場空き状況」で、混雑状況を見ることができるのも便利ですね。

ららぽーとEXPOCITYでお買い物をするなら、そちらにも4070台の駐車場があります。
(こちらも土日祝なら、混雑状況を見ることができますよ。)
〇〇祭りの屋台について

万博記念公園 ひまわりフェスタ2023年のトイレ情報

万博記念公園は、乳幼児連れや車いす利用者のための設備が充実しています。ベビーシートや車いす用のトイレが設置されている所も多いです。
基本的に利用しやすいので、心配はありません。

園内マップに各アイコンが載っていて、とてもわかりやすいです。

赤ちゃん連れの人必見!授乳室の有無やベビーカーの貸出情報

授乳室は、自然文化園の「日本庭園前ゲート」「中央休憩所」など全5ヵ所にあります。
2歳未満のお子様にはベビーカーの貸出もあります。予約はできませんが、利用無料です。

こちらも園内マップが非常にわかりやすいので、ぜひ手に取ってご入場ください。

当日の服装やあったほうが良い持ち物

持ち物
・帽子
・日焼け止め
・歩きやすい靴
・タオル、着替え(川などに行く場合)
・レジャーシート

夏で日差しも強いので、なので、日焼け対策は十分にしてください!
特に外を歩く時間が多くなりますので、靴は歩きやすいものがオススメです。
水遊びの出来る場所もあります。そちらへ寄る場合は、タオルや着替えもあった方が安心です。
レジャーシートがあれば芝生に座れるので、便利ですよ♪

近隣のお勧めスポット

ららぽーとEXPOCITYは、そこだけでも一日中楽しめる施設です。

洗練された生き物パーク「NIFREL(ニフレル)」、日本一高い大観覧車、e-スポーツの最新機材が揃う日本最大のREDEE WORLDなど…話題のエンタメ施設が勢ぞろいしており、お子様から大人まで遊べる場所です。

お買い物ももちろんできます。

 

万博記念公園 ひまわりフェスタ2022年の日程や場所・アクセス詳細

名称:ひまわりフェスタ
(2022年は7月16日(土)~8月7日(日))
料金:無料
※別途自然文化園・日本庭園共通の入園料が必要
(大人260円・小中学生80円)
時間:9:30~17:00(入園は16:30まで)
休園日:毎週水曜日
※水曜が祝日の場合は、翌日がお休みになるので、注意が必要です!場所:万博記念公園 自然文化園 チューリップの花園
最寄り駅:吹田市 大阪モノレール「万博記念公園駅」から徒歩約20分
車でのアクセス方法:名神高速道路の吹田インターチェンジを降りてすぐ

毎年、同じくらいの日程で開催されます!

過去の傾向から、2023年の日程予想:7月中旬~8月上旬と予想されます。

万博記念公園公式サイトに開花情報、見頃の花が載っているのでそれに合わせて行くと確実ですが、次に、筆者が実際に行った際の開花情報を細かくご紹介させていただきますね!

まとめ

夏が好きな方、お花が好きな方!
ヒマワリが目の前いっぱいに咲き誇る様子は圧巻で、本当に感動しますよ。ひと夏の撮影や思い出作りにもオススメです。

公園自体が広々としているので、ストレスなく回れるのもポイントです。
ヒマワリで癒されたあとは、芝生で休憩したり、EXPOCITYに寄ったり。とくにお子様がいる方は、夏休みのご予定にいかがですか。

もちろん、友達同士やカップル、一人だって色々楽しめますよ!

(私は真夏に一人で行って、大好きなヒマワリの写真を何十枚と撮りました。)

 

ぜひたくさん癒やされてくださいね!

おすすめの記事