当サイトはプロモーションを含みます

BeRealでスクショした人を見れなくなった⁉誰か特定方法も

BeRealでスクショした人を見れなくなったのでしょうか?

この記事では、誰があなたの投稿を保存したかを特定する方法や、スクショ通知機能の変遷と現状についても触れ、BeRealユーザー間での透明性とプライバシーのバランスについて考察します。

スクショ通知の限界とユーザーの自衛策について理解を深め、プライバシー保護と透明性の間の線引きについての知識を得ることができます。

目次

スクリーンショットが撮られたことをどう知る?誰が保存したかの特定方法

このような投稿があり気になって確認してみましたが、2024年2月執筆時点では、誰がスクショをしたのか、特定できてしまう仕組みのようです。

BeRealでのスクリーンショット通知機能は、ユーザーが自分の投稿に対する他者の関心を具体的に知ることができる重要な手段です。

この機能により、誰があなたの投稿をスクリーンショットしたかを特定することが可能になります。

スクショ通知機能の詳細:誰があなたの投稿を保存したか

具体的には、投稿の右上に表示されるスクショされた回数をタップすることで、スクショした人のアイコンや名前・IDが表示される仕組みです。

それだけでは見られない場合は、下記の方法でも、スクショした相手を特定できるようです。

  • 投稿の右上に表示されるスクショマーク(回数)をタップ
  • 「シェア」「Instagram」「メッセージ」「Twitter」等を選択して、ビーリアルの招待URLと投稿をシェア
  • スクショした人のアイコンや名前・IDが表示される

こちらに関しまては、スクショされた側の意見もあれば、スクショの通知が行くことを知らずにスクショしたことがバレてしまって気まずい、怖すぎる、といった意見もありましたね。

新しいアプリ、予想の行き届かない機能もあり、知らずに恥ずかしい思いをしてしまうことも。

スクショしたい気持ちもわかりますが、プライバシー保護の観点で通知が行く仕様なのでしょうね。

スクショした人が見れなくなった?通知機能の変遷と現状

しかしながら、スクショした人が見れなくなるケースもあるようです。

これは、スクショした人がアカウントを削除したり、あなたをブロックした場合です。
(こちらに関しては、それでも見られるというケースなど、諸説ありました。)

スクショされたら、投稿の右上をチェックすることで、誰がスクショしたかが特定できてしまうよ。

BeRalで画面録画をするとバレる?

じゃあ、BeRealでスクショではなく画面録画を行うことで、通知を避けることが可能なのでは…?

という意見もありましたので、こちらについてもリサーチしてみました。

BeRealでの画面録画が他のユーザーに知られるかどうかについての疑問に対して、2024年2月の執筆時点で、BeRealで画面録画をしても相手に通知されたという報告はありませんでした。

つまり、現在のところ、BeRealで画面録画を行ってもバレることはないようです。

ですが、インスタグラムなど他のソーシャルメディアプラットフォームでは画面録画を検出する機能があるため、BeRealでも将来的に同様の機能が導入される可能性があります。

プライバシーや著作権を尊重するため、他のユーザーのコンテンツを録画する際は、事前に許可を得ることが推奨されます。

じゃあ、プライバシー対策はどうすればいいのかな?

それはね、次に説明するスクリーンショット通知機能の限界とユーザーのプライバシー対策について見てみよう

BeRealのプライバシー機能:スクリーンショット通知による安心感

BeRealは、日常の一瞬を捉える新しい形のSNSです。

このアプリのユニークな機能の一つに、スクリーンショットを撮ると通知が行く仕組みがあります。

スクショバレる?プライバシー保護のための通知機能

BeRealのこの機能は、プライバシー保護の観点から非常に重要です。

例えば、あなたが大切な友人との食事会の写真を共有したとしましょう。

この写真があなたの許可なく他の場所で共有されることは望ましくありません。

BeRealでは、誰かがスクショをした瞬間に通知が来るため、そんな望ましくない状況を予防する助けになります。

スクリーンショットを撮られた際の通知メカニズム

この通知メカニズムは、ユーザーに安心感を提供します。

例えば、あなたが特別な瞬間をBeRealで共有したとき、それがどれだけの人に保存されたかを知ることができます。

プライバシーを守るためにはすごくいい機能だね。自分の写真がどう使われてるか、ちゃんと把握できるから安心できるよ。

BeRealユーザー間での透明性とプライバシーのバランス

BeRealは、ユーザーが日常のリアルな瞬間を共有することを奨励するSNSです。

このプラットフォーム上での透明性とプライバシーのバランスは、ユーザー体験の核心をなす要素です。

スクリーンショット通知機能を通じて、BeRealはこの二つの要素間の線引きを巧みに行っています。

スクショ通知がもたらすユーザー間の信頼

  • スクショ通知は、他のユーザーが自分の投稿をどのように扱っているかを知る手段を提供します。
  • この透明性は、ユーザー間の信頼を深める効果があります。なぜなら、投稿がどのように共有されているかを知ることができるからです。
  • 信頼はコミュニティの結束力を高め、よりオープンで正直な交流を促進します。

プライバシー保護と透明性の間の線引き

  • BeRealは、スクショされた際に通知を送ることで、プライバシー保護にも配慮しています。
  • しかし、ユーザーは自分の投稿がどれだけ共有されているかを知ることができ、必要に応じて行動を取ることができます。
  • この機能は、プライバシーと透明性の間のバランスを保ちながら、ユーザーにコントロールを提供します。

簡単に言うと、スクショ通知はみんながどうやって投稿を扱ってるかを見せることで、信頼を築いているんだ。プライバシーも守られていて、自分の投稿がどれだけ共有されているかを知ることができるんだよ。

それでみんな安心してBeRealを使えるわけだね。

スクリーンショット通知機能の限界とユーザーのプライバシー対策

BeRealのスクリーンショット通知機能は、ユーザーに自分の投稿がどのように受け取られ、共有されているかを知らせる有用なツールです。

ですが、この機能には限界があり、ユーザーは自己防衛のために追加の対策を講じる必要があります。

  • スクショ通知の限界
    • スクショされたことは知れますが、スクショした内容がどのように使われるかまでは分かりません。
    • 画面録画によるスクショなど通知されない方法もあり得るため、完全なプライバシー保護にはなり得ません。
  • ユーザーの自衛策
    • 投稿する内容には慎重になり、個人情報やプライベートな内容の共有を避ける。
    • BeRealの設定で、友達のみに投稿を限定することで、プライバシーを強化する。

スクショ通知機能には限界があるんだ。スクショされたことは分かるけど、どう使われるかまではね。

大事なのは、自分で気を付けることだよ。プライベートな情報は投稿しない、友達だけに見せる設定にするなど、自衛は自己責任だよ。

まとめ

BeRealは、友達と楽しい写真を共有できるアプリです。

でも、誰かがあなたの写真をスクリーンショット(スクショ)すると、アプリが教えてくれます。

これで、自分の写真がどう使われているかがわかります。

でも、スクショした人がアカウントを消したり、あなたをブロックすると、誰がスクショしたか見ることができなくなってしまうことも。

大切なことは、自分の写真を守るために、誰と写真を共有するかをよく考えることです。

BeRealを使って、楽しくて安全な写真の共有をしましょうね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次